宮城県 石巻市のカギのトラブルは実績40年の宮城県の鍵屋

ロックセンター

0120-69-0824 受付時間:平日 6:30~20:00 / 定休日:不定休

お知らせ ( 2017年07月 )

2017.07.17

当社のサービスはこんなのです

DSC_1038

石巻ロックセンターは宮城県の鍵屋として、40年以上地元のニーズに応えています。年間800件以上の作業実績を誇り、お客様が鍵でお困りのときに迅速に対応しています。

まずは電話かメールでお問い合わせください

鍵についてのお問い合わせ・ご質問、お困りごとがある場合は、まずはお電話いただくか、直接店舗にご来店ください。親切なスタッフが丁寧に対応させていただきます。ホームページにはメールフォームもありますが、直接お話させていただいた方がスムーズに進む場合が多いので、遠慮なくお電話でご連絡いただければと思います。

料金のお見積りをいたします

お電話やご来店にてご相談いただいた場合に、どういう現状になのか、どのようにしたいのかをヒアリングさせていただき、お見積りをお作りします。具体的な状況がわかれば、より正確に見積もりできますが、ご検討段階のざっくりとした内容でもそれをもとに目安の金額を提示致しますので参考にしていただければと思います。

現場に急行します

ご依頼が決まれば、指定時間に現場に向かい、到着後はすぐに作業を行います。緊急性の高い場合ではとくにスピーディに作業を心がけております。作業時間は、調整が必要な複雑な場合は1時間~1時間30分程度お時間を頂くこともありますが、一般的な鍵の場合は約20~30分程度で終了します。事前に状況をお伝えいただくことで、およその作業時間もお伝えできるので、ぜひお気軽にお問い合わせ下さい。

2017.07.10

鍵屋さんといえば

鍵屋さんといえば

鍵屋といえば鍵を新しく作る時や鍵を取り替える時、そして困った時に対応してくれる頼りになる存在です。しかし、いずれの場合も単発の対応という印象があるのではないでしょうか?しかし、地域密着型の鍵屋として地元を支えてきた石巻ロックセンターでは鍵を売ったり取り替えたりするだけでなく、鍵が開かなくなった時、鍵の修理が必要な時、鍵をなくした時など、いろいろなシーンで鍵の困りごとを解消させていただきます。

鍵が開かなくなったら

もしも鍵が開かなくなったら、正直焦ってしまいますよね?たとえば玄関の鍵の場合、家に入ることができなくなってしまいますので、対処の緊急性が高いケースといえるでしょう。しかし、そんな時もまず冷静に、カギがあるのかないのかを確認するところからフォローアップさせていただきます。単純にカギをなくされただけなのか、それとも修理や交換が必要なのか、必要に応じてサポートさせていただきます。

鍵の修理が必要な時

カギは利用している間に少しずつ劣化していきます。よほどのことがない限り、基本的には急に調子が悪くなることはありません。今後のことも考えて、交換した方がいいのか、修理をした方がいいのかを検討する必要があります。
最終的にはお客様が決める必要がありますが、プロ目線でのアドバイスもしておりますので、お悩みの場合は気軽にご相談下さい。

鍵をなくしてしまったら

もしもカギをなくしてしまった場合にはどうすれば良いのでしょうか?石巻ロックセンターでは、交換するべきか複製するべきかを状況に応じて考えて対応します。たとえば玄関の場合は防犯上交換してしまいますが、車・バイク・ロッカー・机の鍵の場合は錠前の情報を取って複製する場合もあります。ただし、イモビライザーの場合には錠前から複製することはできないのであらかじめご了承ください。

もちろん鍵交換もいたします

石巻ロックセンターでは、カギの交換もしっかりと対応しております。基本的には現場でスピーディに対応しております。(場合によってはお取り寄せになるものもあります)

▼全部交換ではなく、シリンダー交換のみで安く対応した例

DSC_0948

DSC_0947

2017.07.03

依頼する前に知っておきたい「合鍵作成時のポイント」

DSC_1048

家のカギでも、車のカギでも、少しずつ磨耗するので、そのカギで合鍵を作ると誤差ができます。特に今は、ハイセキュリテイの錠が多いのでトラブル(開かない,抜けない)になることがあります。 ☆純正キー(元キー)は、合鍵作成用に1本は使わず保管するようにしてください!

また、合鍵は専門の業者やホームセンターなど、さまざまなお店で作れますが、鍵の種類によって作れないものや、製作に時間がかかってしまうものもあります。合鍵作成時に知っておきたいポイントをご紹介します。

マスターキーは利用せずに大切に保管しておく

合鍵を作る時に最初に気を付けたいポイントは、マスターキーは普段は使用せず、大切に保管することです。鍵は使用を続けている間に少しずつ摩耗し、目に見えないレベルで誤差が生じます。合鍵を作ろうと思っても、誤差が大きくなった鍵からは作れない場合もあるので、普段使いの鍵とマスターキーの役割をすみ分け、マスターキーは保管用にしておくと良いでしょう。

作れない種類の合鍵がある

つくりが精密で合鍵にすることが難しい鍵が存在します。専門の機械がないお店では断られたり、作れたとしても、パーツや専門の機械をメーカーから取り寄せなければならない場合もあります。また、メーカー登録制のため勝手に合鍵を作ることが禁止されているものや、合鍵から合鍵を作る場合に精度が落ちて使い物にならないこともありますので、全ての鍵で合鍵が作れるわけではないということを知っておきましょう。

合鍵に必要な値段と時間

鍵には数多くの種類が存在し、それに合わせて値段も納期もマチマチです。たとえばディスクシリンダーという汎用的な種類の鍵は、300円から600円程度の手ごろな費用で、3分から5分程度の時間で簡単に作れます。しかし、汎用性のない特殊な鍵や高精密の鍵は、5,000円程度の費用のものもある上、取り寄せに3週間程度の時間を要する場合もあります。また、鍵の種類によっては依頼時に身分証明書が必要なケースもあるため、事前にしっかりと確認しておくことをおすすめします。

まとめ

合鍵は状態により作れないものもありますので、複製できるかどうかの確認が必要です。また、必要な金額や納期も鍵の種類によってさまざまですので、依頼前に業者に直接聞くとスムーズです。また、マスターキーの劣化や、合鍵から合鍵を作ることはできいケースに備え、マスターキーは普段使いにせず、保管しておくことをおすすめします。

カテゴリー
月別
お問い合わせフォーム

お見積もりは無料です。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ 0120-69-0824 受付時間:平日 9:00~18:00 / 定休日:年中無休